MENU

応化機能についてABOUT

応化機能にようこそ

原子・分子を操るナノワールドへの誘い

 ナノテクノロジーが21世紀の基盤技術として注目されています。原子・分子からの物質創成を使命とした化学は、その中核技術として大きな期待が寄せられています。文明の発祥以来、人類はその知的探究心を満足させるとともに、科学・工業技術へと開花し、人類社会の発展と福祉に貢献してきました。九州大学応用化学機能コースでは、精緻な分子設計による光機能有機分子や有機ELデバイス等の展開、高強度、導電性、医用、光特性をもつ高分子開発、セラミックスを中心とした環境・エネルギー材料、生体高分子DNA・RNAを対象としたナノバイオテクノロジー、計算化学による構造・反応の指導原理構築など、先端化学の開発と基盤技術としての展開を目指しています。私たちの研究成果は、有機EL表示のテレビ、医療用高分子材料、燃料電池カーなどにいかされています。人類の永年の夢である「持続可能な人類社会」の実現をめざして、皆さん、原子・分子を操るナノテクワールドに参加してみませんか。


 ナノテクという言葉をよく耳にすると思います。ナノテクノロジーは、分子や原子のレベルで物質を設計し、並べたり組織化したりすることで全く新しい機能を創り出す研究分野で、あらゆる新しい産業技術の母体になるものと言えます。化学は本来、分子を自由に設計し、新しい機能を生み出す学問で、ナノテクそのものと言うことができます。近年、科学技術の発展に伴い、化学は従来の分野にとどまらず、あらゆる分野との融合、連携を進め、これからの世の中になくてはならない学問として発展しています。このような流れの中、私たち応用化学コースは、世界でもトップクラスの研究成果と設備を有し、ナノテクを基盤として、また、海外を含む多くの研究機関や企業などとも連携しながら、IT(情報技術)、環境、バイオテクノロジーなど幅広い分野に応用できる新しい技術の開発とその基礎となる科学に関する教育に邁進しています。次世代を担う新しい学問を切り開いていくことが私たち応用化学コースの目標です。


応化機能クラスは、

  • 高度な専門性
  • 研究の多様性

を併せ持っています。
あなたが研究したいこと、実現したい夢がきっと見つかります。

PAGE TOP