Katsuro Hayashi laboratory (Applied inorganic chemistry laboratory) | Kyushu University

Facebook

林 克郎 研究室(応用無機化学研究室)|トップページ

当研究室では、エネルギー・エレクトロニクス・環境分野に寄与するセラミックス材料を
プロセス・応用・物質機能の広い視点で取り扱い、この分野のエキスパートを育成します。

    

    最近の更新内容

  • 2018年7月12日
    研究業績」を更新しました。
    メンバー」に2018年度の集合写真を追加しました。
  • 2018年5月10日
    研究業績」を更新しました。
  • 2018年4月2日
    メンバー」を更新しました。
  • 2018年3月2日
    研究業績」を更新しました。

アクセスカウンター

<新着情報>

・2018年4月1日
  新4回生5名を加え、新年度がスタートしました。

メンバー紹介

H30年4月現在の林研究室メンバーはスタッフ4名(林克郎教授、赤松寛文准教授、長谷川丈二助教、西之園晃テクニカルスタッフ)と 学生20名(D3:2名、D1:1名、M2:7名、M1:5名、B4:5名)です。

研究内容

林研究室で現在進めている、主な研究テーマについて紹介します。
セラミックス材料の他、高分子や炭素材料など、様々な機能性材料の研究を行っています。また、開発した材料の応用研究も併せて行っています。

研究業績

林研究室メンバーの発表した論文や講演活動、著作物を紹介します。
国内に限らず世界に向けて、研究成果発表を活発に行っていきます。

研究室・設備

液相合成・固相合成に必要な合成用装置、材料の物性解析装置、電気化学測定装置など様々な設備が充実しています。五感を駆使した実際の体験と、ものづくりにこだわります。
興味があれば、林教授による真空系装置の自作の手ほどきを受けることができます。

大学院進学

林研究室では、エネルギー・エレクトロニクス・環境分野に寄与する機能性材料を、合成・物性・応用の広い視点から取り扱い、この分野のエキスパートを育成します。
素材・部品産業は日本を支える最後の砦でした。この分野にぜひ足を踏み出してみてはどうでしょうか?

産学連携

林研究室では、大学における研究成果を社会に役立てるため、民間企業等の外部機関と受託研究・共同研究を積極的に行っております。

科学技術の基礎研究と実践的な応用研究・開発をつなぎ、将来のイノベーションを共に目指しませんか?

このページの先頭に戻る

〒819-0395 福岡市西区元岡744番地 ウエスト3号館7階 九州大学 大学院工学研究院 応用化学部門(機能)林 克郎 研究室
Copyright © 九州大学 林 克郎 研究室. All Rights Reserved.