最先端有機光
エレクトロニクス研究センター

〒819-0395
福岡市西区元岡744
最先端有機光エレクトロニクスセンター

TEL: 092-802-6920
FAX: 092-802-6921

adachi@cstf.kyushu-u.ac.jp
※@は全角で表示しています。

 

 
 
 
 

ご挨拶

 本センターでは内閣府最先端研究開発支援プログラム(FIRST)の研究プロジェクトにおいて、世界に先駆け次世代の有機光エレクトロニクス用材料(Hyperfluorescence)の創出に成功しました。これにより有機光エレクトロニクスの新たな可能性の扉を開けることができました。有機分子は無限の可能性を持っており、わたしたちは、有機分子が持つ本質的な光・電子特性の活用とその多彩な立体凝集構造に立脚した新規デバイスの創出を進めて行きます。そして、同時に、新しい有機半導体の学理を確立すると共に、知的財産権の確保を進め、世界をリードする有機半導体デバイスの新産業創出に繋げて参ります。そのためには、PhysicistとChemistの競演に加え、電気・電子・情報システムの専門家、さらには、研究・ビジネス戦略の専門チームとも一体となった研究開発体制が必要とされます。そして、次世代の電子デバイスのみならず分子素子やバイオエレクトロニクス等の次々世代の有機・バイオデバイスへの展開も当センターの大きなミッションです。
 現在、日本の研究開発は大きな曲がり角に来ています。国内外の優秀な若い研究者とのDiscussionとMixingが今後益々重要だと考えており、異分野・異文化で育った知見を融合させて、広い国際的な視野に立ったイノベーティブな研究成果の創出を目指していきます。

2013年1月27日
安達千波矢